« AERAのフェルメール記事 | トップページ | フランス語 No.5 »

2004/10/31

A Happy Halloween Day!! 2004 - No.4

今日はハッピィハローウィン・ディ!
皆様からいろいろと画像を送って頂いて
とても嬉しく有り難うございました。
最後に何点かご紹介してこれで今年の
ハローウィン画像大会を終了しようと
思います!!
102504_02.jpg  Hal_Pumpkin_Carving.jpg
(Hallmark Card)

本当に皆様からのご協力に感謝いたします♪

シスターからの可愛い自画像(?)
say_Halloween2.jpg

南京のシャンから自作の天使のハロウィーン!
happy_birthday/angel_hallw

司馬さんからCDジャケットの2つのハロウィーン!
say_KeeperofTheSevenKeysPartI.jpgsay_KeeperofTheSevenKeysPartII.jpg

最後に祐樹さんから[あなたに教えるハロウィン伝説]

あなたに教えるハロウィン伝説







「ジャック・オ・ランタン」と聞いても何のことだか、ピンとこないのでは
ないでしょうか。<でも、かぼちゃのちょうちんと聞けば、あの姿が
思い浮かぶことでしょう。
ではなぜこのちょうちんに“ジャック”という人の名前がつくようになった
のでしょうか。
その由来にはいろいろな話がありますが、一番有名なものとして
「けちんぼジャック」と呼ばれる男が悪魔を騙したという話があります。
ジャックは死んだ後、地獄の門にたどり着いたのですが、悪魔との
取引のため地獄に落ちることもできず、明かりをともしたカブを持たされ
て暗い道を歩き続けることになったというものから、ジャック・オ・ランタ
ン(ちょうちんのジャック)と呼ばれるようになったそうです。
昔のアイルランドでは、カブや他の植物でちょうちんを作っていたの
ですが、アメリカに渡ってカブよりもちょうちん作りに適したかぼちゃと
出会って今に至ります.
ジャック・オ・ランタンも悪霊を追い払うためのものでした。
かぼちゃに恐ろしい顔を刻み、その中にろうそくを入れて家の前に
置いておくと、悪い霊を脅して追い払ってくれると信じていたのです。
このオレンジ色したかぼちゃのちょうちんは、今ではすっかり
ハロウィンを象徴するキャラクターになっています。

|

« AERAのフェルメール記事 | トップページ | フランス語 No.5 »

Halloween」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/1819049

この記事へのトラックバック一覧です: A Happy Halloween Day!! 2004 - No.4:

« AERAのフェルメール記事 | トップページ | フランス語 No.5 »