« 東京のクリスマス風景No.5 | トップページ | 「ジョン・レノン IN NEW YORK」ボブ・グルーエン »

2004/12/11

ミュージアム・クリスマス in 国立西洋美術館 

絵の好きな会社の同僚や友人達からマティス展は 良かった!
と聞いていたのですが、いよいよ12日で
終了してしまうとのことで、今日の会社の帰りに
国立西洋美術館 マティス展へ駆け込んで観て参りました。
matisse matisse01

マティス展の詳しい内容については、
Blue Heavendさんの「マティス展」でお楽しみ下さい
ませ。素晴らしい解説が書かれています(*'ー'*)♪

国立西洋美術館の前庭にはワァ~☆\( ^ ^)/~。.:*:・'°☆
と皆が声を上げてしますほど美しい光の芸術に感激して
しまいます~♪
それはミュージアム・クリスマスin 国立西洋美術館
と名づられているそうです。

( 国立西洋美術館 HP )
  雪のように真っ白で統一されたイルミネーション約18,000個が、20世紀の
 建築家ル・コルビュジエが設計した建物や、ロダンの彫刻群を照らし出し
 ます。前庭には、閉館時間まで観覧券なしでどなたでもご自由にお入りい
 ただけます。普段では見られない、イルミネーションで飾られた幻想的な
 国立西洋美術館の姿をご覧ください。

seiyoubijyutukan ueno

・期  間: 開催中~12/26(日)
・点灯時間:16:30~22:00

上記の期間中に、上野駅近くにいらした際は
是非ご覧になってくださいね!本当にお勧めです♪

会場は仕事帰りの人々でいっぱいでしたが、
マティスの絵はほかの美術館では得られない程
数も多くて、またビデオやら家族の絵画があり、
ニースで40年以上も暮らして絵を描いている
ことなどマティスを理解するにはとてもよい
展示会でした。

もうひとつ、常設展に入りましたが、モネ
睡蓮の大作があり、こちらも感激いたしました(*"ー"*)♪

それにしても美しいガーデン・イルミネーションでした!

|

« 東京のクリスマス風景No.5 | トップページ | 「ジョン・レノン IN NEW YORK」ボブ・グルーエン »

☆Christmas2004☆」カテゴリの記事

コメント


こんにちは
マティスは独特な色使いが好きです。
美術館のイルミネーション素晴らしい!
実際を見たいですよ(残念)

投稿: 松風 | 2004/12/12 10:43

松風さん

こんばんは!

前庭のイルミネーションは本当に
きれいでしたぁ~♪

マティスは色柄からもっとポップな
感じかと思っていたら、ビデオで
見ていたら、背をシャンとして
すごく真面目そうな面持ちの学者的な
お顔付きで絵をゆっくりと描いていた
ので、すごくビックリとしました!

絵のイメージとご本人てこんなに
違うのかって・・!やっぱり美術館へ
足を運ぶ価値はありますね!

投稿: julian | 2004/12/12 19:05

こんばんは。
マティス展は終ってしまいましたが
西洋美術館のライトアップはきれいですね~
私も先日みてきました。

投稿: Tak | 2004/12/19 20:57

TAKさん
こんばんは!
TBありがとうございます。

お写真とってもきれいに撮れていますね!

昨日、六本木ヒルズへ行ってあの50倍位
光に溢れていたので驚きましたが、
それでも何かもっと高尚な光に見えたの
ですが。。それはマティスとモネの光が
眼球に残っていたからでしょうか!!

それにしても今年のイルミネーションは
ブルーがかっててきれい~☆ですね!!

投稿: julian | 2004/12/19 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/2228757

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアム・クリスマス in 国立西洋美術館 :

» ライトアップ西美 [弐代目・青い日記帳]
国立西洋美術館もライトアップ! 昨日、都美の帰りに立ち寄りました。 思っていたより地味。 まぁ、六本木ヒルズじゃーないので これくらい控え目で十... [続きを読む]

受信: 2004/12/19 20:55

» 国立西洋美術館 [Goods-One.net]
世界的な芸術家の作品や松方コレクションに触れることができます。国立西洋美術館には常設展として15世紀~20世紀の絵画が展示されており、特にロダン (地獄の門 、... [続きを読む]

受信: 2004/12/22 02:01

« 東京のクリスマス風景No.5 | トップページ | 「ジョン・レノン IN NEW YORK」ボブ・グルーエン »