« 内子 : クラシックな町並 | トップページ | 娘のパン飾り - F&M  »

2005/05/05

とっておきのマティス展 - 金刀比羅宮

四国での最終観光地は、金刀比羅宮
お参りすることでした。全部で785段もある
階段を昇りきらなくてはならないので、最初
から途中まで行きましょ!と気楽に3人は
ツアーの皆さんの後をヨチヨチと階段を昇って
着いていきました。

母は140段目辺りですでにリタイアーし、
父と私は400段目の中腹で少し一休み・・・
と目の前に、次の垂れ幕があるでは
ありませんかぁ~~∑o(*'o'*)oワォォ!!

 大原美術館所蔵 とっておきのマティス展
    ~こんどはお宮でマティス~

     matice_ohara

始めは我が目を疑ってこのようなところで
マティスにお会いできるとは・・・!!絶句!
「どうやらやってるようだよ。観にいくか!」
と父の言葉に我に返り、少し坂道を上がって
いくと、「庶民信仰資料収蔵庫」というお倉の
ような建物内で、マティス展が開催されている
ようでした。

   matice_konpira

《マティスの花咲くチケット》
matice 《ポスター》venus

<マティスの名作一堂に-金刀比羅宮 >              

大原美術館(岡山県倉敷市)が所蔵するフォービスム
  の巨匠アンリ・マティスの作品を集めた
  「とっておきのマティス展」(金刀比羅宮、大原美術館主催)が、
  四月十四日から五月十五日まで、香川県仲多度郡琴平町の
  金刀比羅宮金毘羅庶民信仰資料収蔵庫で開かれる。一昨年
  初めて行われた同宮と大原美術館との文化交流展の二回目。
  代表的作品の一つである切り紙絵本「Jazz」など、マティスの
  後半の画業を彩る名作が一堂にそろう。

<金刀比羅宮文化顧問 田窪恭治による作品解説>
  第1回
  第2回
出品作
  版画 : 「ジャズ」(20図)
       「ロンサール ~ 愛の詩集」(数点)
  素描 : 「女の戦」「混血の女」「肱つく東洋の女」
       「マルティニックの女」
  油彩 : 「エトルタ ~ 川下の絶壁」                

「ジャズ」は、”線と色彩の葛藤”を繰り返したマティスが、
  「切り紙絵」という手法で絵画を”絵空事”の世界から
  現実の”物質的”な世界へと導き出した記念碑となる
  作品です。

  「ロンサールの愛の詩集」は、健康を害したマティスが、
  病気やドイツ軍の侵攻による苦痛に悩まされながらも、
  16世紀フランスを代表する詩人、ピエール・ド・ロンサール
  の詩に126のデッサンを添えて作り上げたリトグラフ印刷
  による作品です。

先日もテレビで「ロザリオ礼拝堂」の素晴らしいマティスの
光の演出を見たばかりでしたので、特に切り絵の
躍動感ある美しい色合いなどを食い入るように
魅入ってきました。ここで、マティスにお会いできた
のも何かのご縁なのでしょうか・・・!父も何やら
女性のデッサン(素描)を観て、それぞれのお国柄
が出ていて面白かったらしく、これは何人系だとか
楽しんでいました。 「女の戦」もなかなか激しさが出て
いて、迫力がありました!マティスの強烈な色彩を
ここでも堪能することができ幸福感に包まれました。

私達はマティスを観たら何故かもう満足して
しまい階段を降りることにしました。

|

« 内子 : クラシックな町並 | トップページ | 娘のパン飾り - F&M  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/3983866

この記事へのトラックバック一覧です: とっておきのマティス展 - 金刀比羅宮:

» マティス - Phillips Collection No.6 [Floral Musée]
この週末も暑くて展覧会へ行くことができませんでした(/_ ;) 鑑賞する前に [続きを読む]

受信: 2005/08/11 07:23

« 内子 : クラシックな町並 | トップページ | 娘のパン飾り - F&M  »