« プーシキン美術館展 - 3回目 | トップページ | Angel Christmas No.12 »

2005/12/11

キアロスクーロ - ルネサンスとバロックの多色木版画

国立西洋美術館で本日が最終日だった

 
キアロスクーロ - フリッツ・ルフト・
    コレクションの所蔵作品による
    ルネサンスとバロックの多色木版画」

  chiaroscuro

を昨日、2回目でしたがチケットがありましたので
プーシキン美術館展」の帰りに寄って参りました。
最初に観にいったときは、張り切りすぎて4館目
でしたので、目が霞んでしまいあまりよく観れな
かったのですが、今回はじっくりと観てこれました。

キアロスクーロchiaro scuro」というイタリア語で
明暗」を意味するそうです。このように沢山の
作品を一堂に展示するのは初めてとのことです。

ここで、「キアロスクーロ」についてHPから。。

ルネサンス美術たけなわの16世紀はじめ、版画の
表現法が大きく広がった時期に、ドイツで新たな
木版画の技法が発明されました。同系色の版を
重ね合わせて刷ることにより、微妙な明暗や
立体感を表現することに成功したのです。この技法は
大きな反響を呼び、ルネサンス美術の中心地イタリア
で発展しました。キアロスクーロ木版画はその後、
フランドル(現在のベル ギーとオランダ南部)、オランダ、
フランス、イギリスにも広まりました。

キアロスクーロ版画は複数の同系色(例えば黄色・
茶色・褐色)の版を重ね合わせて印刷するので、
明暗や立体性を鮮やかに表すことができます。

とにかく、最初に展示してある作品からその質の
高さに驚かされてしまいます。ヨーロッパの美術館
へ行っても今まであまり版画を観てこなかったのを
悔やまれます。

計112点もの素晴しい版画作品を一点一点、解説を
付けて詳しく作者と原画などを含めてキャプションが
付けられ、キアロスクーロ木版画の流れを国毎に
分けて展示されていました。

図録も欲しかったのですが、大分悩みましたが
ちょっと諦めて、代わりに、Pocket Guidesで
 「西洋版画の見かた」を購入しました。

  pocket        
 西洋美術館では、春・秋の
  年2回、版画素描展示室で
  おおよそ3500点の中から作品
  を選んで展示しているそうです。

  版画を観る時に、歴史や技法
  や用語など簡単な専門知識が
  あると、版画がよりわかるような
  解説書になっています。



今回の作品もこの後、展示するのは2年後になる
ようです。北斎展には、連日、長蛇の列が出るほど
盛況だったようですが、もう少しこのような名画の
数々を観る必要があると思います。ポスト・カード
とHPなどの図版でその美しい版画の作品をご紹介
したいと思います。16世紀にとりわけ優れた作品が
生み出され、多くは大芸術家の作品をもとに、複製
版画が制作されたようです。私は聖母子の図像が
好きですので、主にそれを。。。

II. イタリアのキアロスクーロ木版画 I

   seiboshi
             《ウェヌスとクビド》1566
              ニッコロ・ポルドリーニ
   (ティツィアーノ・ヴェチェッリオの原画にもとづく)
    木の幹の色や、空の雲の部分などが
        線とは別の版 (ベージュの版)で彫られて
        いるのがよく分かります。   
    ニッコロは他にも素晴しい作品が(2点)展示
    されていて、一番良かったかもしれません。

   chieoas_r 
                  《巫女》 1527
                  ウーゴ・ダ・カルピ
    (ラッファエッロ・サンツィオの原画にもとづいて)
      ラッファエッロの原画なので、壁面に「R」が
        描かれていています。母親が子供に本を
        読んでいるのでしょうか? 松明を灯して
        ウットリ聞きほれている子供の顔が絵とは
        違う陰影があって微笑ましく暖かい作品です。
        「巫女」という題名なので、ちょっと違うかも?
        しれませんが。。。

 Ⅳ.イタリアのキアロスクーロ木版画 II

  andorea
          《聖母子と諸聖人》 1585
               アンドレア・アンドレアーニ
    (ヤーコポ・リゴッツィの原画にもとづく)
   
    この作品は敬虔な感じがしますね。
    人物の表情も細かく、衣服のひだまで
  立体的で優れた版画だと思います。

  kyojin 
              バルトロメオ・コリオラーノ
      《ユピテルの雷電に押し潰される巨人族》
            (グイド・レーニの原画にもとづく)

    この作品は、1638年と1647年の2回に分けて
    彫られたようで、上部が違っていました。
    巨人達が落ちていく様は版画ならではの迫力
    でこちらまで震えて来てしまいます。

================================-----

 そして、新館2階 版画素描室でも  

     《ローマの景観》:ピラネージのまなざし
   Views of Rome: Piranesi’s Vision

 でピラネージの見事な版画の作品展があり
  ローマの遺跡や建物の版画が素晴しかった
  です!!

  piranesi

  

ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ(1720-1778)は
ヴェネツィアで学んだ後1740年にローマにやってきます。
そして2代にわたるローマ教皇の庇護の下、建築家、
考古学者としての目を持ちながら1743年以降、精力的に
《ローマの景観》、《ローマの古代遺跡の景観》、
《パエストゥムの古代遺跡の景観》等の連作を制作して
ゆきます。彼の眼は単なる古代趣味や古代へのあこがれ
といった感傷的なものではありません。建築家として建築物
や遺跡の構造を正確に分析し、そこに見出される調和の
とれた力学構造から生まれる時間を超えた建築の美と
生命の原則を解明し、そしてそれらが「景観」として成立する
ために必要な、「時間」という触媒による無機素材の有機的
結合に愛情と賛嘆のまなざしを向けています。彼の関心は、
人間世界の風景ではなく、人工的構造物が生み出す自律的
景観に向けられているのです。今回は、西洋美術館が所蔵
する作品の中から《ローマの景観》と《パエストゥムの古代
遺跡の景観》を中心に40点ほどを展示いたします。18世紀
イタリアの景観をこの機会にお楽しみください。


           maria

  

|

« プーシキン美術館展 - 3回目 | トップページ | Angel Christmas No.12 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最初「キアロスクーロ」って
人か都市かの名前だと思ってました。
ところが行って観てびっくり
全然ちがいました・・・
版画ですね。。。

とても記事まとめられていますね。
遠く及びませんが
一応TB送らせていただきます。

投稿: Tak | 2005/12/12 22:31

Takさん

こちらにもコメント&TBをありがとうございました。また、西美のクリスマスにもリンクさせていただきました。

私も「人」だとばっかり思っていましたぁ(^_^;
でも、とってもいい展覧会で、2Fのローマ展ではあんまりすご過ぎて、ホント、目が回って腰を抜かしそうでした(*ノ-;*)

西洋の昔の芸術家はホント、すごいですね!!
ただ、その一言しかありません。。

投稿: Julia | 2005/12/13 00:41

こんにちは
私は早いうちにこの展覧会に行きましたが、もう終わってしまったんですね。
西美の版画展覧会はいつも良い作品が展示されているので侮れません。じっくり鑑賞することができ、良かったです。
アンドレアーニの「聖母子」は色も優しいセピアで私も自分のブログで取り上げましたが、Juliaさんもこの作品がお好きだったんですね!
なんだか嬉しいです♪
TBさせていただきました。

投稿: アイレ | 2005/12/14 12:57

アイレ様

コメント&TBを有難うございました。
アイレ様の説明は本当に「キアロスクーロ」の教科書のようで、素晴しかったです!!

プラート展以来、聖母子像やキリスト図像にも興味を持ってきましたので、大変よい版画の展覧会を観れてよかったです!!

アイレ様もお暇でしたら、土曜日の鑑賞会へいらして下さいね!でも、年末なのでお忙しいでしょうか。。。

投稿: Julia | 2005/12/14 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/7573929

この記事へのトラックバック一覧です: キアロスクーロ - ルネサンスとバロックの多色木版画:

» 陰影の世界〜「キアロスクーロ―ルネサンスとバロックの多色木版画」 [気まぐれ映画日記]
版画つながりということで、「北斎展」のついでに西美の「フリッツ・ルフト・コレクションの所蔵による キアロスクーロ―ルネサンスとバロックの多色木版画」展(西美HP)も鑑賞。人でいっぱいだった東博とは打って変わって、西美は静寂に包まれ鑑賞に適した環境のように....... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 00:27

» 「キアロスクーロ展」 [弐代目・青い日記帳]
国立西洋美術館で開催中の 「キアロスクーロ展ールネサンスとバロックの多色木版画 フリッツ・ルフト・コレクションの所蔵作品による」に行って来ました。 キアロスクーロという聞きなれない、そして言いにくいタイトル。 西洋で活躍した未だ日本では、あまり名の知れていない巨匠の名前。。。 ではなくて、 イタリア語で「明暗」「陰影」を意味する言葉がキアロスクーロだそうです。Chiaroscuro artscapeのアートワード解説「キアロスクーロ Chiaroscuro」 「西... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 22:29

» キアロスクーロ展 [青色通信]
キアロスクーロ−ルネサンスとバロックの多色木版画 10月29日 国立西洋美術館(〜12月11日)  ルネサンス・バロックにヨーロッパでさかんに刷られたキアロスクーロ木版画の展覧会に行ってきました。 キアロスクーロ、イタリア語で明暗と意味します。辞書を見るとC...... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 02:28

« プーシキン美術館展 - 3回目 | トップページ | Angel Christmas No.12 »