« 三月大歌舞伎 - 歌舞伎座  | トップページ | 千疋屋フルーツパーラー@日本橋三井タワービル2F »

2006/03/08

[風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II 

先日もご紹介した辻邦生 氏の『風の琴』という
本を先ほど読み終わりました。何人かの方が
コメントでぜひ読んでみたい!と書いて下さい
ました。


  
  color 
   風の琴―二十四の絵の物語    文春文庫
    辻 邦生 (著)

そこで、とても心に残った文章がいくつか
ありますので、それを書き残してみたいと
思います。一作一作が素晴しいのですが、
今回は、肖像画の第八話までを図版とともに
簡単に印象に残った部分をご紹介したい
と思いますので、ご一緒にお楽しみいただ
ければ幸いです(゚-^*)ノ 

まずは、作者が「あとがきで」書かれた所から。。。

絵画も音楽も文学も、その根底では同じ芸術的高揚が
あり、それがそれぞれの表現の様式的特徴に応じて、
絵画美、音楽美、文学的感動になると信じている。
つまり画家は色や形、音楽家は音色や旋律、文学者は
言葉や思想というものに独特の愛着と才能を持ち、
表現する段階では、必然的に、自分の得意とする表現
形態に向かっていきますが、表現へ駆り立てる陶酔的
衝動においては全く同質である。
絵からくる感銘を力の支えとして、作者が勝手に空想
した世界--それがここに集まった二十四の物語です。

そして、「物語のはじめに」から。。。

デューラーにせよ、レンブラントにせよ、肖像画は、
どんな風景や静物より、なま臭い人間のドラマを感じ
させる。それは果てしない闇との対話とさえ言っても
いいものだ。
十二枚の肖像画を選んで、それに物語をつける機会に
めぐまれた。次の物語が果たして<闇>を解読してい
るかどうかはわからないが、すくなくとも、<十二の
肖像画>が一人の小説家の心の中を通過した際に発した
共鳴音のごときものである、とは言えそうだ。
これらの物語は、いかなる歴史的事実、美術的背景
とも関連のない、純粋に作者のファンタジーから生みだ
されたものである。

I.  十二の肖像画による十二の物語

  第一の物語 鬱ぎ (ふさぎ)

  1 
   
 『ある男の肖像』
           ロヒール・ファン・デル・ウェイデン

   そのくせ妻はヨハネスを棄てきれなかった。
       彼の財産にも魅力があったが、それより
    何より、ヨハネスが都会の女たちのあいだで
       噂されるような、どこか官能的な容貌の持ち主
       だったからである。

  第二の物語 妬み (ねたみ)

  grand 老婆の肖像』(ラ・ヴェッキア)
                  ジョルジョーネ

   エリザベッタはそのとき、炎の揺れ動くなかに、
       炎とそっくりの恰好をした、金色の、奇妙な
       生き物をみたのであった。
         生き物?たぶん生き物であったのであろう、
       それは炎と同じように楽しげに薪の上で跳ね
       踊りながら、身をくねらせていたのだから---。

 第三の物語 恐れ

  2 『自画像』
                  ティツィアーノ

  「謎めいた絵ですが、魅惑的です」ジョバンニは
  息をつめるようにして言った。「それに先生のこの
   激しい筆触。先生の筆になると、ふだん見慣れた
   ものも特別なものに見えてきます。どうしてでしょうか」
    「たぶんわしがこの世を愛しているからだろう」老人は
   画筆を置くと、室内帽に手をやりながら、神経質に言った。

  第四の物語 疑い

  3 『ヤーコプ・ムッフェルの肖像』
                   アルブレヒト・デューラー

  ----妻の胸の青痣のことを、他の男に洩らすことが
  できるだろうか。
  その後、ヤーコブはマティルダを別の眼で眺める
  ようになった。----マティルダは、ヤーコプが市庁舎
  の仕事に没頭している間にいつか大輪の芍薬のように
  花盛りを迎えていたのだ。
   この女に刺青を施そうと思う男がいても不思議はない。

  第五の物語  奢り (おごり)
  
     4 『エラスムスの肖像』
                   ホルパイン

  男は古書籍の行商人であった。ボローニャを
    振り出しにパリ、ストラスブール、ヴォルムスと
    渡り歩いて、ロッテルダムに着いたという。ちょっと
    狡そうな感じの、頭の禿げた小男であった。先生は
    忙しいときでも本となると目がなかった。---商人は、
    たっての願いだが、一冊秘蔵の大型本を先生のもと
    で保管していただけないか、といった。
    --- 「何語でかかれているのかね」
  「シリア語です」「何についでだね?」「悪魔についてです」

第六の物語   偽り

  rembrant 『黄金の兜の罪』
                  レンブラント

 
  クリスティナはいつも伏眼がちの、慎ましい女であった。
  髪を後でひっつめにしたために広く見える額の下に、青い
  利口そうな眼が微笑みを浮かべていた。ゴトフリートは
  一目でこのクリスティナに恋情を覚えたのであった。
  もちろんトマスの手前、彼はそれは誰にも打ち明ける
  ことはなかったが----

    第七の物語  謀み (たくらみ)

  horse  『婦人の肖像』
                 ポライウォーロ

   田舎の厩舎では、案じ顔のエンリコが待っていた。
 「どうなさいました?まさかご病気では?」
 「病気のほうがどれほどましか分かりません。あなたに
 言うわけには参りませんが、私は大変な苦しみを受け
 ているのです」
 エンリコは、ポリーナにそう言われると、気圧されたように
  黙ったが、しかし晴れやかな眼が艶を失い、明るい微笑が
  消えているのをみると、思わず、今の身分を忘れて叫んだ。

  第八の物語  驕り (おごり)
   
     buronchino 『ラウラ・パッティフェルリの肖像』
                   プロンツィーノ

    「この都会(まち)の人たちはあなたがただいい詩を
   書きたいばかりに、男たちをつぎつぎに弄んでいると
   言っているではありませんか。ぼくの友人だちは、
   ぼくが、あなたに単に霊感を与える存在にすぎないのだ
   と噂しあっているのです。私の不実を責めるなら、その
   詩とやらのため、男あさりをするあなたご自身の浮気を
  まず責めたらどうですか」

|

« 三月大歌舞伎 - 歌舞伎座  | トップページ | 千疋屋フルーツパーラー@日本橋三井タワービル2F »

辻 邦生」カテゴリの記事

コメント

う~ん、ますます読んで見たくなりました。
どうにかして手に入れることにします。(笑)

投稿: seedsbook | 2006/03/10 22:01

seedsbookさん

ますます読ませたくさせてしまってm(*- -*)mス・スイマセーン

またご帰国の際は、プレゼントできるように用意しておきますね~or ドイツまでお送りしますので、どうぞご遠慮なく~☆ъ(*゚ー^)♪

文庫本でカラー図版が付いているのは珍しいそうです。

投稿: Julia | 2006/03/11 10:03

第2話の老女(La Vecchia)は、ヴェネチアのアカデミア美術館に、嵐(La Tempesta)と並んでいました。↓
http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/Children05.htm#0506231

どちらのジョルジョーネの画も何かの寓意画だとは思ったのですが、それ以上は分かりませんでした。この本では《老女》の謎解きがされているのですか?

投稿: とら | 2006/03/12 21:05

とらさん

コメントと素晴しいヴェネチアの記事のURLを書いていただいて、ありがとうございます。

昨日、ブリジストン美術館で陣内氏のヴェネチアについての講座を拝聴したので、今、それを書いていたのですが、また明日でも続きはアップしますね~♪

>この本では《老女》の謎解きがされているのですか?

 いえ、謎解きではなくて、作者がこの絵を観て連想したことを物語にしています。中々そのお話がこの老女の顔から想像させるような凄みある内容です。ヴェネチアにある美術館に展示してあるなんて、作者は実際に観に行ったのでしょうね~!

 作者が図版解説しているところによると。。
 
  ジョルジョーネと同門のティツィアーノの母の肖像とも、虚栄の擬人像とも、若い女性像と並んで描かれたとも言われているが、定説はない。老婆の右手の布地に、
Col Tempo (時と共に)と書いた文字が見られるが、パノフスキーは「老いの来るを忘るな」の意に解している。

 と、作者が書いた図版解説も素晴しいので、それも全部書きたいくらいです!!
 

投稿: Julia | 2006/03/12 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/9007562

この記事へのトラックバック一覧です: [風の琴 ― I . 十二の肖像画による十二の物語] 第八話まで II :

« 三月大歌舞伎 - 歌舞伎座  | トップページ | 千疋屋フルーツパーラー@日本橋三井タワービル2F »