« 『ダ・ヴィンチの遺言』(河出書房新社) - 池上 英洋氏  | トップページ | 私の二都物語―東京・パリ written by 辻 邦生 »

2006/04/23

『現代植物画の巨匠展-ボタニカル・アートのルネサンス-』 - 鑑賞会 No.8

    Tubaki_1
       《薔薇「アルバ・マキシマ」》
     コーラル・ゲスト (英国)
     水彩・紙
     © Shirley Sherwood Collection


昨年の7月にも藝大美術館で、
  『
500年の大系:植物画世界の至宝展(拙記事)』
で本格的な植物画展を堪能したのですが、5月に植物学者の
大場博士の「ボタニカル・アートの講演会」について書いた

拙記事へ初めてTBして頂いたMegurigami Nikkiさんと
鑑賞会としてご一緒に、新宿の副都心にある

損保ジャパン東郷青児美術館でオープニングの昨日、

 『現代植物画の巨匠展
    -
ボタニカル・アートのルネサンス-』

を観て参りました。

      Botanical_big
           植物図館 (植物の解説版)

期待以上に素晴らしい植物画展で、さすがに
「植物画の巨匠展」と名付けるだけあって、どれも
これも植物の美とともにその芸術的な技術の高さに、
水彩画といえどもその表現力の精緻な線と豊かな
色合いに魅了され続けられました。

     Botanical_art_2
    ☆ジュニア版☆ブックレット
    ボタニカル・アートの基本的なことについて
         分かりやすく書かれた小冊子。
    図版は、オーストラリアのシダで、10mまで
         成長するそうです。ステファニー・バーニ作

本当に単純にただその植物の美しい絵に
 「きれい~♪」とか「すごい~!!」とか「素晴らしい~~♪」
とかそれしか感嘆な言葉しかでないほど一枚一枚に作家が
命を吹き込んでいるのが感じられるほど、丁寧に描き上げて
います。

       Rose
               《黄色い薔薇/Study of a Yellow Rose》
                 ロリー・マキューワン
                 葉の一枚一枚が輝いていて
                 大変美しい作品でした。

今年の初めに、「バーク・コレクション展(拙記事)」でも
バーク夫人が集めた東洋美術の美しさに酔ったのですが、
今回もシャーリー・シャーウッド博士という女性のコレクターが
集められただけあって、繊細で驚くほど日本的な感じも漂う
作品も多かったので、女性のコレクションて自分にもとても
合うように感じました。

             Anemone_1
                  《アネモネと羽》    1995
                   ヘレン・バッテン
                  水彩、鉛筆/紙
          この絵の前では、ひれ伏したくなるような
         きれいな色彩と羽の一本一本にも神経が
         行き亘って精密に美しく描かれています。


世界各地に分かれて特色だった植物を展示して
いまして、アジア地域では日本人の作家の作品も
いくつか展示されていました。

     Donguri3_2     
        《ブルネイの団栗》
      石川美枝子 水彩・紙

   このどんぐりの絵はどこかで観たことが
   あるような気がしていますが、いろいろな
      角度や大きさで色艶もよく描かれ、絵として
      もとても遊び心があって面白くて、観ていて
      惹き込まれてしまいます。

植物画(ボタニカル・アート)とは、植物学の記録の
手段としてその構造を正確に描写する絵のことですが、
そのような学術的な観点も忘れてしまうほどアートとして
美しい絵が多くて本当に溜息のまま会場をあとにする
ほど素晴らしい植物画展でした。

植物にご興味あって絵がお好きな方には、水彩画の
美しさに目が覚めるような思いをされると思います。

図版はポストカードからですので中々その良さがわから
ないのですが、葉の葉脈の一本一本まで丁寧に描か
れていますので、 作者がとても植物を愛して、それを
丁寧に表現しようという卓越した技術をどうぞご覧に
なってくださいませ。

この植物画を観たあとに、ゴッホの「ひまわり」を観たら
何か今までと違った「ひまわり」が展示してあるかのように
観えて二人で驚いておりました。

Nikkiさんのブログで学術的な解説も書かれています。

☆こちらの展覧会は、7月2日まで開催しております。
 月曜日が休館日で、金曜日は20時まで開いているそうです。

☆ギャラリー・トーク
学芸員が会場内で作品の解説をします(30分程度)
一般対象:5月5日(金)/5月12日(金)いずれも17:30~
小中学生と父母対象:4月29日(土)/5月13日(土)
いずれも13:30~

☆HPで無料招待券を抽選でプレゼントしています。
    (応募: 5/7まで)

|

« 『ダ・ヴィンチの遺言』(河出書房新社) - 池上 英洋氏  | トップページ | 私の二都物語―東京・パリ written by 辻 邦生 »

2006年 絵画鑑賞会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/9727509

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代植物画の巨匠展-ボタニカル・アートのルネサンス-』 - 鑑賞会 No.8:

» Visiting Tour@『現代植物画の巨匠展−ボタニカル・アートのルネサンス−』 [Megurigami Nikki]
 「Visiting Tour Club」の企画で、損保ジャパン東郷青児美術館にて『現代植物画の巨匠展−ボタニカル・アートのルネサンス−』を鑑賞してきました。  植物画というマイナーなジャンルでありながら、昨年の『500年の大系:植物画世界の至宝展』/東京藝術大学大学美術館から今年も続けてそれ専門の展覧会が開催されるというのは、実はとても珍しいことでは。  今回の展覧会は植物画の支援家として知られるシャーリー・シャーウッド博士(Dr. Shirley Sherwood)の個人コレ... [続きを読む]

受信: 2006/04/23 22:23

» 現代植物画の巨匠展 -ボタニカル・アートのルネサンス-鑑賞会No.16 [Floral Musée]
domenica, il 2 luglio 2006    『現代植物画の巨 [続きを読む]

受信: 2006/07/02 18:24

» 2006年 美術展 ベスト10 [Floral Musée]
sabato, il ventiquattro Dicembresono l [続きを読む]

受信: 2006/12/24 23:20

« 『ダ・ヴィンチの遺言』(河出書房新社) - 池上 英洋氏  | トップページ | 私の二都物語―東京・パリ written by 辻 邦生 »